PROFILE

札幌ジャズアンビシャス

サッポロ・シティ・ジャズ「ビッグバンドプロジェクト」により2012年に結成。札幌を拠点に活動するプロミュージシャンによるフル編成ビッグバンド。2012年から2013年にかけて渡辺貞夫音楽監督の指導のもと、North JAM Sessionほか多くのステージに出演。音楽監督にデビッド・マシューズを迎えてからは、サッポロミュージックテントライブで2014年に八代亜紀、2016年に相田翔子、2017年にTOKUと共演。また、他のアート分野との融合による新たな作品創造として、2015年に映像表現を組み合わせて構成した「The Jazz Cube(Guest Vo:高橋智美)」、2016年に楽曲創作に絵画と彫刻を取り入れステージを創造した「FOREST of NEW ARTS」、2017年にはダンサー97名と共演するなど、様々なステージを展開している。

札幌ジャズアンビシャス

集合写真左から=柳真也(B)、舘山健二(Ds)、瀧村正樹(Per)、奥野義典(As)、花田進太郎(Gt)、小野健悟(Ts)、菅原昇司(Tb)、阿部裕一(Tp)、菅原良太(Bs)、デビッド・マシューズ、河合修吾(Tb)、中嶋和哉(Tp)、早川隆人(Tb)、蛇池雅人(As)、中島翔(Tp)、新谷奈津光(Tp)、伊藤元直(Ts)、板橋夏美(BTb)

メンバープロフィール

写真クリックで詳細なプロフィールが表示されます。

  • デビッド・マシューズ

    作曲・編曲・指揮・ピアノ
    David Matthews(デビッド・マシューズ)

    1942年、アメリカ・ケンタッキー州生まれ。1975年、Paul Simonの「Still Crazy After All These Years」、1976年、The Starland Vocal Band「Afternoon Delight」でグラミー賞を獲得。また同76年、George Bensonのアルバム”Good King Bad"にて作曲した曲のうち、”Theme from Good King Bad"が、グラミー賞の"Best Rhythm & Blues Instrumental Performance"を受賞。その後、フランク・シナトラ、ポール・マッカートニー、ポール・サイモン、ビリー・ジョエル等のアレンジを担当し、ジャズ、フュージョン、ポップスと幅広い名アレンジでアメリカ音楽界での地位を確立した。日本においては、1984年に「マンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)」、1989年に「マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)」を結成して以降、その活動の充実ぶりは目を見張るばかり。2014年から「札幌ジャズアンビシャス」の音楽監督を務める。

  • 奥野義典

    アルトサックス
    奥野 義典 Yoshinori Okuno

    小樽市に生まれ、小樽在住。弘前大学JAZZ研究会にてサックスを手にし音楽活動を始め、その後上京。松風鉱一氏に師事。1997年日本最大級のジャズイベント「横浜ジャズプロムナード」に初出演後プロに転向。トップミュージシャンとの共演を重ねる。道内のジャズフェスティバルにも多数参加し、「北海道に奥野あり」の実力を見せつけた。ときに豪快にブロウし、ときに繊細に歌う演奏スタイルは自由奔放そのもの。ジャズインプロヴィゼーションの神髄を堪能させてくれる。アルトサックスをメインにソプラノ、テナー、フルートと吹き分けるマルチリード奏者であり、北海道にあってトップレベルの演奏活動を続ける希有で貴重なアーティストである。2012年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

    外部サイト 小樽のsax吹き 奥野義典の official web site

  • 蛇池雅人

    アルトサックス
    蛇池 雅人 Masato Jaike

    苫小牧市生まれ。高校時代にブラスバンドでサックスを手にする。地元大学の学生ビッグバンドに参加。在学中より演奏活動開始。卒業後、会社員として働くが、30歳の時よりプロ活動へ転向。ジャズの教育・普及活動を基軸に、広く演奏活動中。現在北海道を中心に、関東圏などでも活動しながら、「Summer BANG!Key」等のジャズフェスティバル等にも出演。数年に一度の短期渡米(NY州)では、多くの演奏家と共演・親交を深める。また札幌市内数ヶ所でレッスン業務を行うなど、後進への指導にも積極的にあたっている。2012年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 小野健悟

    テナーサックス
    小野 健悟 Kengo Ono

    中学時代の吹奏楽部をきっかけにサックスを始める。大学時代に北海道大学ジャズ研究会に所属、ジャズを中心に活動の幅を広める。自己のバンドでの全国ツアー及び、その他数々の大きなイベント、ステージ参加、多くの著名アーティストと共演及びライブサポートを努める。2012年より広尾サンタランド・ジャズスクールの常任講師に就任。2015年、NHK主催「北の大地コンサート」及び、同名TV番組へ出演、氷川きよし、吉幾三と共演。NHK BSテレビ番組「新日本風土記 小樽」へ楽曲提供、及び出演。同年、伊藤広規withSPYCEにてライジングサンロックフェスティバルに出演。各地での演奏活動の他、TV番組、企画等の楽曲作成、アレンジなど音楽制作活動も行っている。2012年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

    外部サイト LogicNote ONO Kengo's Web Site

  • 伊藤元直

    テナーサックス
    伊藤 元直 Motonao Ito

    秋田県生まれ。高校時代に吹奏楽部でサックスを始める。大学時代は北海道大学ジャズ研究会に所属し、札幌市内ライブハウスにて演奏活動を開始。福居良、福居良則両氏に師事。2012年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 菅原良太

    バリトンサックス
    菅原 良太 Ryota Sugawara

    北海学園大学入学後、フリーフォームレス・ジャズオーケストラに所属し、サックスを始める。在学時より札幌市内の社会人ビックバンドにも所属し、2005年3月から、すすきのエンペラーの専属バンド、パッショネイツサウンズ・オーケストラのテナーサックス奏者として、プロの道に進む。現在、札幌市を中心にライブやイベント、ブライダルでの演奏の他、講師業やセッションの主催など多岐に渡り活動中。2014年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 菅原昇司

    トロンボーン
    菅原 昇司 Shoji Sugawara

    苫小牧生まれ。中学時代に吹奏楽部でトロンボーンを始める。高校からジャズに興味を持ち、大学ではジャズオーケストラに所属。卒業後はビッグバンドに限らず小編成のバンドでも活動を始める。作曲、アレンジも積極的に取り組み、リーダーバンドの一つである5トロンボーンアンサンブル「F-FIVE」では、全曲自身のオリジナル曲だけを演奏している。現在は札幌でライブ、レッスン他、様々なイベントに出演し活動する。2012年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 河合修吾

    トロンボーン
    河合 修吾 Syugo Kawai

    大学のジャズ研究会在籍中に社会人ビッグバンドSwing Heart Jazz Orchestraに参加したことをきっかけに札幌市内を中心に演奏活動を開始。ジャズ、ラテン、ファンク等のジャンルでのライブ活動においてWill Leeをはじめとする偉大なミュージシャンとの共演を数多く経験。2010年にはThe Sapporo Funk Organizationで日経大人のバンド大賞に参加し全国大会グランプリを受賞した。2015年Dixie Pokke結成し活動中。2017年Tuba/Sousaphone のみによるのアンサンブルユニットHeavy Metal Stompersを結成しサッポロ・シティ・ジャズ パークジャズライブに出演、その低さが話題となる。2014年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

    外部サイト Days of wine and music

  • 早川隆人

    トロンボーン
    早川 隆人 Takahito Hayakawa

    1978年、小樽生まれ。幼少よりピアノを習い、中学時代にトロンボーンを始めてから大学まで吹奏楽に携わる。ジャズ、ソウル、歌謡曲、ラテン等で札幌を活動拠点とする多くの演奏者と共演し、曲のアレンジや楽譜作成も行う。現在、音響、クラブDJと並行して演奏活動を進めている。2016年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 板橋夏美

    バストロンボーン
    板橋 夏美 Natsumi Itabashi

    札幌生まれ。9歳よりトロンボーンを始める。北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース卒業。在学時よりアンサンブル活動の研鑽を積み、編曲なども手掛ける。現在はプロのトロンボーン奏者として札幌を中心に自身のリーダー・グループほか多数のユニットで精力的なライブ活動を展開。2012年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 阿部裕一

    トランペット
    阿部 裕一 Hirokazu Abe

    札幌生まれ。中学時代にトランペットと出会い、高校時代に演劇「上海バンスキング」で俳優 笹野高史氏が演ずるジャズメン役に憧れジャズプレイヤーを目指す。大学在学時よりビッグバンドやプロ活動を始め、現在は、精力的にトラディショナルジャズを追求。ニューオリンズやニューヨークにて現地プレイヤーと交流し経験を深めている。自己のグループや「ジョニー黒田&ディキシープリンス」等で活動。ビッグバンドや吹奏楽等のゲスト演奏、ジャズ教育活動など様々なシーンで活躍。スウィングするプレイは定評があり、ヴォーカリストとしても評判が高い。2012年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 中嶋和哉

    トランペット
    中嶋 和哉 Kazuya Nakajima

    10才よりトランペットを始める。小中高と吹奏楽部でトランペット中心の生活を送る。高校卒業後プロ演奏家を目指し、北海道芸術専門学校管楽器科へ進学。トランペットを松田次史、杉木峰夫、前川和弘の各氏に師事。卒業後、フリーのトランペット奏者としてプロ活動をスタート。各種イベント、コンサート、ディナーショーのバックミュージャンとして数々のステージをこなす。また現在も各種音楽イベント、結婚式、教会でのファンファーレ演奏、YOSAKOIソーランイリュージョン、TVCM等のレコーディング、小中高の吹奏楽部のクリニックなどジャンルを問わず幅広く活動中。2003年より札幌ジュニアジャズスクール常任講師に就任。ライズ音楽院トランペット科講師。キクヤラボメッセトランペット科講師。エルム楽器エルム音楽教室トランペット科講師。2014年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 中島翔

    トランペット
    中島 翔 Sho Nakajima

    札幌生まれ。東海大学付属第四高等学校を経て、札幌大谷大学音楽学部音楽学科管弦打楽コース卒業。トランペットを松田次史氏に、室内楽を倉橋健氏に師事。また北村源三、関山幸弘、長谷川智之、ヨウコ・ハルヤンネ、ウーヴェ・コミシュケ各氏のマスタークラスを受ける。これまでにHIMESオーケストラ、そらのコンサート等に出演。札幌、道内を中心に幅広いジャンルで活動している。札幌トランペット協会会員。エルム楽器、わかな音楽教室、各講師。2016年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 新谷奈津光

    トランペット
    新谷 奈津光 Natsumi Araya

    1996年、石川県生まれ。10歳の頃からトランペットを始める。中学、高校時代は吹奏楽部に所属。北海道大学に入学後、新入生歓迎会にて大人数で楽しそうに演奏するビッグバンドに惹かれ、北海道大学のジャズサークル「BIGBAND北極」に参加。2017年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 花田進太郎

    ギター
    花田 進太郎 Shintaro Hanada

    1986年北海道生まれ。2007年にバークリー音楽大学に入学し2009年末に同校パフォーマンス科を優秀な成績で卒業。その後帰国し札幌を中心にプロ活動を開始する。ジャズを中心に様々なジャンルで活躍し、今までに八代亜紀、相田翔子、デヴィッド・マシューズ(マンハッタン・ジャズ・オーケストラ)等と共演。2015年より2年連続で自身のグループ花田進太郎 Electric Bandでサッポロ・シティ・ジャズ パークジャズライブコンテストのファイナリストに選出。2014年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 瀧村正樹

    パーカッション
    瀧村 正樹 Masaki Takimura

    帯広生まれ。10代よりラテン・パーカッションを専門に始め、伝説的パーカッショニスト 斉藤不二男氏に師事。1999年、キューバの名門「Instotito Sperior de Arte(ISA)」音楽院に留学。キューバのパーカッショニスト Panga氏や「イラケレ」のオスカル・バルデスに師事、その後 キューバのサルサ・バンドで演奏活動をする。2001年帰郷後、ニュー・ヨークに短期渡米。2009年、パーカッション・スタジオ「CoroCanta」をオープン。2011年~2013年、2017年、劇団四季ミュージカル「ライオンキング」札幌公演にてパーカッションを担当。多くのミュージシャンと共演、レコーディングなどを手掛け、現在、ラテン、ジャズ、ロック、クラシック、演歌、歌謡曲等ジャンルにとらわれずにフリーで活動中。小中高校、大学でのワークショップ、芸術鑑賞会、ラテンパーカッションの指導など教育にも力を入れている。毎年高校や大学の定期演奏会でのゲスト出演。2012年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 柳真也

    ベース
    柳 真也 Masaya Yanagi

    1974年生まれ。愛知県の大学に在学中にエレキベースをはじめ、22歳でウッドベースに転向。故市ノ瀬美音氏に師事。26歳頃から名古屋のジャズクラブを中心に本格的に演奏活動を始める。2004年に北海道へ移住。札幌を中心に演奏活動をする。2007年に退職し専業ミュージシャンに転向。ジングルミュージックスクール、ベース科講師。堅実かつ柔軟、Blues&Swingを信条にしており、北海道内外の様々なジャズミュージシャンに信頼を得ている。2014年より札幌ジャズアンビシャスに所属。

  • 舘山健二

    ドラムス
    舘山 健二 Kenji Tateyama

    1964年、釧路市生まれ。4歳よりオルガンを始め、ビートルズ、ベンチャーズを聴いて11歳からドラムを始める。中高の吹奏学部でホルンと打楽器を担当。その後、北海学園大学JAZZ研究会 を経て、New York Drummers CollectiveにてMichaelLawren氏、Duduca Da Fonseca氏 、他に師事。現在、多数の著名人と共演を行う。横浜ジャズプロムナード、室蘭ジャズクルーズ、ばんけいJazzフェスティバル、小樽浅草橋ジャズスクエア、釧路ワンダーカーニバル、倶知安ジャズフェスティバル、等に出演。2006年New YorkにてI・A・J・E(ジャズ教育のための国際組織)に参加。2009年山下洋輔&Devid Freidman Duo コンサート主催。札幌キクヤ楽器店音楽教室、ジングルミュージックスクール、他でドラム教室開催。
    北海道打楽器協会会員。2014年より札幌ジャズアンビシャスに所属。